トップページにもどる
がくげい塾のホームページへ
蔵王アドベンチャーハイキング
蔵王お釜の前で 「山登り!」「温泉!」「遠くに行きたい!」
そんな、わがままな希望が出たのは、
春のキャンプの帰りのバスの中だった。
「そんな宿泊施設が果たしてあるだろうか…、
あったとしても、温泉は無理だろう。」
だれもがひそかに、そう思っていた矢先、
「えっ、宿泊無料ですか。」
と、塾長の声。
電話の相手は、蔵王少年自然の家…
「うちの自慢は風呂が天然温泉っていう
ことですね。登山の疲れなんか
入ればすぐに、とれますよ。」
だれもが耳を疑った。

白石蔵王インターまでは約4時間。
空は分厚い雨雲。
頂上までのエコーラインは霧(雲?)に包まれ
視界10メートル。
「お釜は見えないだろうね。」
ところが…
蔵王少年自然の家のホールにて
アドベンチャーハイキングのゴール 三階の滝 頂上まであと5分、というころになって
ついに、雨雲の上へ抜けたと見えて
急に太陽の光がまぶしく
バスの窓ガラスを染めた。
「ああ! お釜が見える! きれい!」
バスを降りた私たちの周りだけ
うららかな陽光に包まれていたのだった。

午後は三階の滝をめざす
沢登りアドベンチャーハイキング。
無情の雨が降り始める。
「大丈夫!行きましょう!」
スタートポイントには、自然の家の班長の
佐々木主任が10名以上の研修生を連れて
待っていてくれた。
蔵王アドベンチャーハイキング三階の滝の前で

平成12年9月23日(祝)〜24日(日)

雨足が強まる中、背の高さ以上の岩を何十も越え、清流のせせらぎを聞きながら
ゴールの滝を目指す。「おーい! だいじょうぶか! すべるなよ!」「もうすこしだぞ! がんばれよ!」
ついに滝が姿を現す。その一瞬、雨も上がり雲が切れた。みんなの笑顔も晴れやかだった。

「こんなにつらかったのも、こんなにがんばったのも、こんなに楽しかったのも、初めてだったよ!」
帰りのバスでひとりが言った。「蔵王に行きたい!また行きたい!今、行きたい!」

秘話

1泊2日 参加費7980円

秋のキャンプ
お釜イメージ
刈田岳山頂
三階の滝